×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「キャッシングの落とし穴」にはまらないように!民事再生について徹底的に解説しています!
キャッシングの落とし穴

民事再生

 
   キャッシング比較 リンク キャッシング講座 人気商品詳細情報
Googleで調べる :

WWWを検索
サイトを検索
 キャッシング講座
  キャッシングとは?
  在籍確認
  体験談
  返済に困ったときは…
  任意整理
  民事再生
  自己破産
 
 トップページ

  キャッシングの落とし穴 > キャッシング講座 > 民事再生

 ■ 民事再生

 住宅を所有している場合などに住宅を処分されずにおよそ5分の1程度に減額された借金を原則として3年間で返済していく手続きです。

条件 ・住宅ローンなどを除く無担保債権が、5,000万円以下であること。
・今後、継続的に収入が見込めること。
財産  住宅などの財産は処分されない。
資格制限  資格制限なし
借金  約20%程度に減額される。
債権者 × すべての債権者に対して行う必要あり。
官報 × 記載される。
その他制限 × 個人信用情報機関に債務整理の情報が登録されることとなり、5年から7年間はローンやクレジットを組むことができない状態になる。
手続期間 × 約6か月
手続費用 × 約50〜70万円
 ※各項目の○、×はあくまでも私の判断です。

 ■ 官報とは??
 独立行政法人国立印刷局が休日を除き、毎日発行している刊行物で、法律、政令、条約等の公布や、国の報告などを載せています。
 自己破産や民事再生等の手続きをした場合も、「公告(裁判所)」の欄に住所・氏名が掲載されます。
 官報は政府刊行物サービスセンターや販売所で購入できるほか、過去30日間は「インターネット版『官報』」で閲覧することができます。

 一般の人がまず見るか?と言えば、見ないでしょう。


サイトマップ  /  運営者情報  /  お問い合わせ

Copyright (C) 2008 キャッシングの落とし穴, All rights reserved.